Levitraレビトラ20mg10錠の特徴と注意点について

  • 特徴:

レビトラ 効き目について、十分の勃起力を高めて、勃起時間が最長5-8時間を維持します。レビトラの成分は塩酸バルデナフィルという成分です。レビトラを服用後、すぐに効果が現れています、塩酸バルデナフィルという成分は5分後に血中の濃度が最高に達する。2時間-3時間程度後、効果が変わりません。レビトラを服用4時間後、効果は半減になります、4-8時間後、半減期に勃起を延長します。他のED治療薬(シアリス、バイアグラ)と比べると、レビトラの副作用が少ないです!安全性が一番高いです。臨床データ解析によると、ED治療薬の使用者の中で、レビトラの使用者が一番多いですが!90%以上の人ががレビトラによってEDの改善がみられたとの報告があります。レビトラとバイアグラの副作用が同じですが!副作用の発生率が低いです、その副作用の程度は軽く一時的なものです。しかし、レビトラを服用する際、必ず併用禁忌薬をご注意ください!特に、心臓の薬、また血圧の薬は併用不可!ご使用いただけない方に関する情報が多く有りますので後述します。多くのレビトラに関する情報をしっかり了解して、使用してください!

レビトラは自然派なED治療薬です!元気な性生活を取り戻す!男の自信を取り戻す!

 

  • レビトラを服用するとき、注意すべきこといくつかがあります。

レビトラは、食事に影響されにくいですが、空腹時と比較するとレビトラ効き目が半減してしまう可能性があります。空腹時の服用が望ましいと思います。空腹時に服用することにより、勃起増強のレビトラ効果を早め、持続力を高めることができます。もし、性行為前に食事をとられる場合は、あらかじめ食前30分ほど前にレビトラを服用されてください。食事をとる前にレビトラを服用して、レビトラの有効成分を体に取り入れることで、食事に対する影響を少なくすることができ、本来の勃起促進の効果が発揮されます。食後にレビトラを服用する場合がありましたら、食事から最低2時間ほど時間を空けて、胃の中にある食べ物の消化が終わった頃に服用すると本来の勃起改善効果が得られます。そして、食事メニューはできる限り油を使った料理や肉類を避け、あっさりした消化に良いものを選び、腹7分目ほどで抑えてください。

 

レビトラは「硝酸剤」「HIV治療薬」「抗不整脈薬」「抗真菌薬」との併用が禁止されております。これらの併用禁忌薬品を服用している場合は、重大な副作用を引き起こす危険がありますので、レビトラと併用して服用しないでください。また、インターネットなどを利用することで、ジェネリック医薬品を個人輸入できますが、中には偽者や劣悪なコピー薬品などが販売されておりますから、ご注意してください。