レビトラの処方について

レビトラ「LEVITRA」はED治療薬として、2003年にドイツのバイエル社が開発され、バイアグラの次に販売された治療薬です。2004年6月にレビトラ[5mg]とレビトラ[10mg]の発売が開始されました。レビトラ[20mg]に関しては遅れること2007年7月に発売されました。Levitraレビトラ20mgはオレンジ色の円形の外形の特徴ですが、中身は白い薬剤です。レビトラは、人によっては効果が違いますが、主に男性器の勃起を促進し、ED治療に使用されています。90%以上の人ががレビトラによってEDの改善がみられたとの報告があります。

しかし、体質によって、副作用が現れる場合もあります。レビトラの偽物について現在販売しているレビトラは約3割が偽物だといわれれます。安全のために、病院で診察を受けた上で処方したほうがオススメです。

以下はレビトラの処方できない方

先天的に不整脈のある方、重度の低血圧・高血圧の方

レビトラは心臓や心血管に問題がある方や重い肝機能障害を患っている方

硝酸剤、抗ウイルス薬、内服の抗真菌薬などを常用している方

これらの症状を抱えている方がレビトラを服用すると、現在抱えている病気を悪化させてしまう可能性も考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です